シミがあると脱毛できないって本当?

これからムダ毛の処理をするために脱毛サロンに通おうとする人にとって不安になる噂に、シミやホクロがあると脱毛できないというものがあります。

これは本当のことかどうかは、脱毛の仕組みを理解すれば自ずと分かってきます。

光脱毛は、黒い色に反応することで脱毛します

脱毛サロンで使用されている光脱毛は、通常なら肌に直接当てても何の反応も起こりません。

しかし、ムダ毛が持つ黒色の色素に対して反応を起こす性質を持っていて、照射されるたびに毛穴の中にある毛根を加熱させる働きを持っています。

本来なら毛穴の中で細胞と繋がったまま抜けることもないのですが、照射された光が毛根を加熱し、傷つけられることによって細胞と切り離されて抜けやすい状態となります。

この方法によって光脱毛の施術を受けて数日経過すると、ムダ毛が自然と抜け落ちるようになります。

光脱毛の仕組みはこのようになっていて、当然ながら黒色に近い色素があるとその部分にも反応するようになります。

シミに脱毛の光を当てられない理由

肌のシミというものは外部の紫外線や何らかの刺激を受けることで、表皮の深い層に存在するメラノサイトが体を守るためにチロシナーゼと呼ばれる酵素を活性化させ、アミノ酸であるチロシンを還元させることで色素を作り出します。

これが茶色であったり黒色であったりするのですが、メラニンのひとつ上の層に定着して広がることでシミを作りだします。

この働きは海水浴に行った後の日焼けと同様で、紫外線など外部からの刺激から肌を守るために体が自然に行う防御作用です。

大抵は2週間~1ヶ月ほどの時間をかけて、ターンオーバーを繰り返すうちに古い角質と一緒に排出されますが、肌の代謝が悪かったり、何らかの要因によって定着したまま排出されない色素も存在します。

当然ながら、これらの色素も照射された光に反応するため、シミがあったり日焼けをして肌が黒くなっている人は、加熱された色素によって肌が火傷を負うリスクを生じることになります。

そういった肌トラブルの要因となるものがある人は「施術ができない」と断られるようになるのです。

シミのある部位は脱毛できないの?どうしてもダメ?

とはいえ、ちょっとした薄いシミでもダメというわけではなく、程度によっては施術を受けられることもあります。

一昔前までは照射されるレベルが一定のため、どうにもできないこともありましたが、最近の脱毛技術が進化してきたことによって、照射レベルを調節して、肌にダメージが行かないぎりぎりの強さで脱毛を行うことが可能です。

ダメージを与えそうな場合は、その部位を外したり、保護シールを貼って行うことも可能で、どうやっても脱毛は無理ということはなくなっています。

また、レーザーによってシミを消す治療があるように、肌トラブルにならない程度の照射であれば、逆に色素を破壊して薄くすることもできるため、美肌目的の人にも推奨されているのが現状です。

基本的に断られるということはありませんが、色素沈着が多くて不安という人は、前もって脱毛サロンに相談してみると良いでしょう。

50代の人もよくわかる、脱毛サロンの効果と光脱毛のメカニズム

今やサロンで脱毛を行うことは一般化しており、巷には多くの脱毛サロンが存在します。

といっても、一昔前までは脱毛は「強い痛みを我慢しながら、長期間通うもの」というイメージがあったと思います。特に現在40代、50代の人にとっては、勧誘のキツいエステのイメージが強いのではないでしょうか。

でも、今は光脱毛という新しい技術が開発されているため、従来のように痛みを感じることがありません。

そして脱毛サロンの台頭と共に価格競争が激化し、リーズナブルに手軽に通えるようになりました。

では、その光脱毛とは具体的にはどのような脱毛方法なのでしょうか。

光脱毛のメカニズム

まず、その施術方法ですが、多くのサロンでは事前にジェルを塗り、その上から特殊な機械で光をあてていきます。

この光はメラニンにのみ反応し、毛根の再生力を低下させる力があります。

レーザー脱毛と光脱毛の違い

同じような脱毛方法としてレーザー脱毛がありますが、こちらもメラニンに反応する光で毛穴にダメージを与えて脱毛に導く方法なのですが、光の出力量が強くなり、光の波長も異なります。

レーザーは出力量が多いため脱毛サロンのエステティシャンは施術することができず、クリニックで医師のみが行える医療行為となります。

波長が異なると述べましたが、レーザーに比べると光脱毛の光は照射部分が広い特徴があるので、一度に体の多くの部分に施術を行えるという特徴があります。

そのため、背中、腰、お腹部分など広い範囲で照射できる部位については光脱毛の方が効率よく施術を行うことができますが、光の出力量は小さくなるのでレーザーよりも回数は行うことになります。

施術の頻度

そして施術は毛周期に沿って行います。

人の毛にはサイクルがあり、生えている状態の成長期、抜けていく退行期、発毛が休止している状態の休止期があるのですが、光を照射して影響があるのは「成長期」にあたる体毛だけです。

毛周期に合わせて光を照射しなければならないので、1回の施術の後、2ヶ月ほど空けて次の施術を受けるという風な流れとなります。

光脱毛の効果は、どうなの?

光脱毛の効果は体質によって大きく異なります。

光の出力量が多くないということもあり、肌に優しい反面、その効果が出づらいタイプの人もいます。

効果が出やすい人と出づらい人の差はズバリ毛の質量(濃さや毛の太さ)です。

一般的な毛の質量の人の場合は6回ほど受けるとほとんど目立たなくなると言われていますが、効果の出づらい体質の人の場合は10回以上の施術が必要となることもあります。

また、毛周期にも個人差があるため、それも仕上がり期間には影響します。

一般的な人の場合は2年ほどで完了することが多いようです。

一つ注意しなければいけないのは、光脱毛はメラニンに反応する光を照射するため、白髪やごく細い産毛では反応しづらく効果が見られないことがあります。

また、肌にシミなどがある場合、シミに反応して火傷を起こしてしまう恐れがあるので、その部分は施術できません。

自分が効果の出やすい体質か否か、また、自分が脱毛を希望している部位の肌が脱毛可能な状態であるかどうかを見極めるためにも、

まずは、脱毛サロンの無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

50代の人も安心して通える脱毛サロン3つの条件

脱毛サロンに通うのは20代、30代の若い女性だけ、と思っている人も多いかもしれません。しかし、実際はヒゲ脱毛やすね毛の脱毛で通う男性も多いですし、50代、60代で通っている女性もたくさんいます。ムダ毛を気にするのは若い女性だけではありません。

遅くなんかない、50代から始める脱毛

50代の女性が若かった頃は、脱毛はとても高額でした。一度に広範囲を脱毛できる光脱毛、レーザー脱毛が一般的ではなかったため、、時間がかかり、その分高額になっていました。しかも痛みが激しいということで、お金があっても痛みに耐えられなくてやめてしまう人がたくさんいました。そんな脱毛を知っている今の50代の人なら、短時間で広範囲を脱毛でき、しかも痛みがほとんどない今の脱毛は、しない理由がないと言い切るほど魅力的です。
そして、時間的な余裕ができる年代、ということも関係しているでしょう。子供が小さいうちは、自身のお洒落になど構っていられないのが母親です。子供が成人し、自分のための時間が取れるようになった50代は、お洒落の手始めとして脱毛を始めます。サロンによっては20代、30代よりも、50代以上のほうが多いところもありますので、年齢を気にする必要などありません。

50代の人も安心して通える脱毛サロンの条件

50代の人も安心して通える脱毛サロンの条件は、主に3つあります。まずは客層です。先述のように、50代で脱毛を始める人はたくさんいますが、通っているサロンの客層が10代や20代の女性ばかりだと、気後れしてしまうのは確かでしょう。施術中に流れる音楽や、待合室なども、若者好みになっている可能性があります。酸いも甘いも知り尽くした50代の女性は、落ち着いた雰囲気の中で施術を受けたいはずですから、大人の女性をターゲットにしているサロンを選ぶのが良いでしょう。そのためにはサロンの場所選びが重要になってきます。若者が多く集まる街にあるサロンの客層は、どうしても若くなってしまうでしょう。有閑マダムがランチを食べにくる場所のサロンなら、当然客層も若すぎることはないはずです。スタッフの対応も、50代の女性に相応しいものになるでしょう。

2つめの条件は、このスタッフの対応です。年配の女性をターゲットにしたサロンであれば、娘よりも若いような年齢のスタッフにタメ口を利かれるようなこともないでしょう。脱毛サロンのスタッフは、年齢よりも教育が行き届いているかどうかが重要です。若くても教育が徹底されていれば、対応で気分を害することはないでしょう。そのためには大手サロンを選ぶのが無難です。

最後に充分な保湿をするかどうか、もしくはオプションで保湿があるかどうかが3つめの条件です。脱毛後の保湿は不可欠ですが、肌の水分量が少なくなっている50代は、特に気をつけなければいけません。20代の女性と同じ保湿ケアでは、不充分なことがあります。本来肌質は一人一人違ったもので、ケアの方法にも差があるはずです。パックなども含め、施術後のオプションが充実しているサロンは安心です。